子育て・育児応援ブログ

子育てしながら犬を飼いたい

子育てしている人の中には、こんな風に考えている人もいらっしゃるのではないでしょうか?

また、子育てしながら犬の世話をしている人も多いと思います。

ここでは、子育て中に飼うのにおすすめの犬種や、子育てと犬の世話を両立するコツについてみていきたいと思います。

スポンサーリンク

子育て中に飼うのにおすすめな犬種トップ5

1位 ゴールデンレトリバー

子育て・育児応援ブログ

飼い主に忠誠を尽くす天性の服従性を持つ犬として知られているのが「ゴールデンレトリバー」。

おおらかで優しい性格が魅力のワンちゃんで、友好的・社交的なので色々な人と仲良くなれます。

子供を含め、一緒に遊んでくれることに幸せを感じるので、子育てをしながら飼う犬としては最高です。

介助犬や盲導犬として活躍していることからも分かるように、人間の指示をすぐに理解できる能力を持っています。

2位 ニューファンドランド

子育て・育児応援ブログ

あまり聞き慣れない犬種の「ニューファンドランド」ですが、温厚で優しい性格が特徴です。

特に子供に対して非常に友好的といわれています。

飼い主への忠義心が強く、学習能力が高いのでしつけやすいといわれています。

3位 ラブラドール・レトリーバー

子育て・育児応援ブログ

性格はとても明るく、やんちゃな面もあり陽気で活発な犬です。

とても人懐っこいので、赤ちゃんを含めた色々な人と仲良く接することができます。

愛情深い性格のため、飼い主の指示には従順に従うという特徴があり、しつけもしやすいです。

4位 プードル

子育て・育児応援ブログ

温厚で明るく、活発的で社交的な子が多いため、賢くてしつけがしやすいことで有名なプードル。

赤ちゃんの存在もしっかり理解し、優しく接してくれます。

家族や知人だけでなく見知らぬ人に対しても友好的なので、ママ友や子供の友達が遊びに来た時も安心できますね。

しつけもしやすいので、子育てと犬育てを同時にすることができます。

5位 ブルドッグ

子育て・育児応援ブログ

人懐っこく、おっとりした性格が特徴のブルドッグ。

小さいながら体つきは丈夫で、子供立ちがちょっと大きくなれば、取っ組み合いの遊びもできます。

>>【画像付】ペツト人気犬の種類・犬種一覧と性格

スポンサーリンク

イライラしない!子育てと犬の世話を両立するコツ

子育て・育児応援ブログ

犬を飼っているママの場合、子育てと犬の世話が両立できるのか心配な人もいると思います。

犬を飼うということは、一人子供が増えるようなもの。

そういった意味では、犬の世話は「子育て」同様「犬育て」なのかもしれませんね。

確かに手はかかりますが、それ以上に喜びも与えてくれます。

そんな子育てと犬の世話を両立させるコツは次の5つ。

妊娠など、言いたいことを犬に伝える

子育て・育児応援ブログ

犬は賢い動物で、言葉が通じなくても人間が言いたいことを敏感に感じ取っているようです。

妊娠した時や、子供と仲良く遊んで欲しいときは、その気持ちを犬に優しく話しかけてみましょう。

犬に話しかけることで私たち自身も、子育てと犬育てを一緒にやっていくんだなぁという自覚ができます。

主従関係をはっきりさせる

子育て・育児応援ブログ

飼い主は犬にとっては「お母さんやお父さん」という存在であり、また「ボス」でもあります。

飼い犬を飼っている最中に子供が生まれた場合、ボスはその「新入り」ばかりに気をとられることになります。

これは犬にとっては、あまり面白い状況ではありませんよね?

いきなりこの様な生活になると、寂しさを感じたり、やきもちを焼いたりすることもあります。

子育て・育児応援ブログ

そうならない為にも、赤ちゃんが生まれたり、子供がいる場合は犬にもしっかり紹介しましょう。

そうすることで、犬も安心します。

この時に、犬が興奮して赤ちゃんや子供に関わろうとしたらストップしてください。

「自分勝手にちょっかいを出してはいけない」

この事をわからせておくと、ママが見ていない時のリスクを減らすことができます。

新生児はベビーベッドに寝かせる

子育て・育児応援ブログ

赤ちゃんが小さいうちは、犬の手が届かない少し高めのベビーベッドに寝かせておくのが安心です。

首が座っていない赤ちゃんは、犬がちょっとはしゃごうとじゃれただけで思わぬ事故につながってしまうこともあります。

安全面と衛生面を考えると、新生児のうちは犬とは別の場所に寝かせておきましょう。

犬用のケージを用意する

子育て・育児応援ブログ

犬の逃げ場を作るために、犬用のケージを用意することをおすすめします。

赤ちゃんが動き回るようになると、容赦がなく力いっぱい尻尾をひっぱったり、たたいたりということもあります。

子供に「乱暴にしてはだめ」と教えていくのは大切ですが、こどもは簡単には言うことを聞きませんし、理解も出来ません。

犬が(子供のそばにいたくない)と感じた時に、自分から逃げ込める安心できる空間を準備してあげましょう。

掃除はこまめにする

子育て・育児応援ブログ

室内で犬を飼っているとどうしても、毛などが散らばります。

赤ちゃんが吸い込んでむせても大変なので、こまめな掃除が大事です。

また、アレルギーの主な原因は「毛」「糞」「フケ」などなので、ペットを清潔を保つことも大切です。

>>【画像あり】費用・金額・保険は?犬アレルギーの症状・検査・対策

スポンサーリンク

出産時の犬の世話はどうする?

子育て・育児応援ブログ

犬を飼っていて、出産を控えているママは、犬の世話はどうすればいいのかと不安になりますよね?

出産時の犬の世話には次の様な方法があります。

● 夫にお願いする

環境が変わらないので、ストレスがなく、落ち着いて生活することができる方法がこちら。

出産中の世話方法としては一番良いでしょう。

● 実家でみてもらう(里帰り出産の場合)

犬が夫よりも自分にかなりなついている場合には、この方法がおすすめです。

また、夫が忙しくて面倒をみれない場合もこの方法が役に立ちます。

まとめ

子育てと犬の世話を同時にするのは大変ですが、その分楽しいことや嬉しいこともたくさんあります。

ちょっとした心がけで、子育てと犬育ての両立が楽になりますよ☆