子育て・育児応援ブログ

子育てのお金ないのが不安

子育てで一番お金がかかる時期っていつなんだろう?

子育てをしながら、こんな心配をされているママも多いと思います。

ここでは、子育てで一番お金がかかる時期お金がないという悩みや不安を解決する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

子育てで一番お金がかかる時期は?

子育て・育児応援ブログ

子育てで一番お金がかかる時期は、子供を学校に預ける時期になります。

ただ、公立の学校に行かせるのか、私立の学校に行かせるのかでも異なります。

幼い頃から公立の学校に行かせるのであれば、一番お金がかかるのは大学進学時になります。

国立大学に進学すれば4年間で516万円近くかかるので、1年間で129万円かかることになります。

また、高校まで公立で大学からは私立に行くことになると、4年間で688万円かかるので、1年間で172万円かかることになります。

子育て・育児応援ブログ

一方、幼い頃から私立に行く場合でも、やはり大学進学時が一番お金がかかります。

一般的には、上記でお伝えしたように1年間に172万円かかります。

小さい頃から私立の学校に行く場合は、公立の学校よりも高額になります。

参考までに、公立と私立の学費の比較を見てみましょう。

幼稚園

3年間の総額

公立:66万2,340円(22万780円/1年)
私立:161万918円(53万6,973円/1年)

小学校

6年間の総額

公立:182万1,397円(30万3,566円/1年)
私立:881万687円(146万8,488円/1年)

中学校

3年間の総額

公立:137万9,518円(45万9,839円/1年)
私立:383万9,621円(127万9,874円/1年)

高校(全日制)

3年間の総額

公立:117万5,267円(39万1,756円/1年)
私立:275万5,243円(91万8,414円/1年)

>>子育て教育費総額と教育費貯金の方法

幼稚園だけでも私立は公立の2.4倍近くしますし、小学校になるとその差はなんと4.8倍にもなります。

義務教育の6年間でこれだけの差がついちゃうんですね!

中学と高校は小学校ほどではないものの、それでも2倍以上の差が出ます。

これは学校での教育費になるので、これに習い事や塾、通学にかかるお金などを含めるとかなりの金額になりますね。

スポンサーリンク

お金がない悩み・不安の解決方法

子育て・育児応援ブログ

子育て、特に大学進学時にお金が一番かかるということは分かりましたが、

子育てのお金が足りない!

できるだけお金をかけない方法を知りたい!

そんな風に思っている人も多いですよね?

ここでは、子育て費用を上手に貯める方法やできるだけお金かからない方法をご紹介します。

まず、子育て費用を貯める方法については、日々の節約を意識しながら、行政から支給される手当を貯金するのがおすすめ。

ザッと見るだけでも、世の中にはこんなに手当てがあります。

児童手当(旧:子ども手当)

働くママ、専業主婦ママに関わらず、子どもがいれば貰えるお金です。

金額は月10,000~15,000円で、0歳から中学生までの期間だけでも第1子/第2子は198万円、第3子以降は252万円も貯金する事ができます。

支給される時期は、毎年6月(2月分~5月分)、10月(6月分~9月分)、2月(10月分~1月分)になります。

だいたい、支払い月の12日頃までに振込まれることが多いようです。

6月1日時点で条件を満たしているかどうかの判定をするので、毎年お住まいの市区町村に現況届けを出す必要があります。

毎年6月には役所から郵送されてくるので、月末までには提出する必要があります。

子育て・育児応援ブログ

また、母子家庭やシングルマザーの家庭には、児童手当以外にも以下の手当てがあります。

児童扶養手当

父母が離婚した児童や父または母が死亡した等で片親に育てられている子供に対して支払われます。

支給対象者は0歳から18歳に到達して最初の3月31日(年度末)までの間にある者とされています。

金額は子供の数や扶養人数によって異なりますが、支給額は以下の通りになります。

★ 児童1人の場合:月額42,330円
★ 児童2人の場合:月額52,330円
★ 児童3人の場合:月額58,330円
★ 児童3人目以降、1人増えるごと:月額6,000円加算

また、シングルマザーやシングルファーザーの所得が一部支給になる場合は以下の通りになります。

★ 児童1人の場合:月額 42,320円から9,990円
★ 児童2人の場合:月額9,990円から5,000円を加算
★ 児童3人以上の場合:月額5,990円から3,000円を加算

児童育成手当

都道府県単位で独自の制度で、下記のいずれかに該当する子供(18歳になった最初の3月31日まで)を扶養している方に支給されます。

ここでは、東京都の金額を参考までにお伝えします。

● 父母が離婚
● 父または母が死亡
● 父または母が生死不明
● 父または母に1年以上遺棄されている
● 婚姻によらないで生まれたなど

支給額は月額子供1人につき月額13,500円になります。

支給方法は申請のあった翌月から、毎年6月・10月・2月に、その前月までの分が金融機関の口座に振り込まれます。

子育て・育児応援ブログ

また、できるだけお金かからない方法については、子供を公立や国立の学校に進学させることが一番お金がかからない方法になります。

ただ、子供の学びたいことや学力にもよっても、公立や国立が合っているか、行けるかどうかが変わりますよね?

その為、将来、子供が私立の学校に進みたいといった時に、思い切って行かせてあげられる様に、早い段階から貯金をしておくことが必要です。

子育て・育児応援ブログ

まずは、お金が一番かからない生後~幼稚園入学までの幼少期にできるだけ節約して貯金しましょう。

>>赤ちゃん・乳児にかかる子育て費用節約術

それ以外にも、児童手当などもどんどん貯金にまわしていきましょう。

また、学資保険などを利用して、一番お金のかかる時期にサッとお金を出してあげられる様に、お金を積み立てていく方法もおすすめです。

>>年齢別★子育て費用内訳のまとめと貯蓄対策

これらの方法をできるだけ多く取り入れて、上手に貯金をしていきましょう。

まとめ

子育てに一番お金がかかる大学進学までの時間はあっという間に過ぎていってしまいます。

子供がやりたいことにチャレンジし、思い切って送り出してあげられるように早めに貯金を開始しましょう。