子育て・育児応援ブログ

子育ては思っていた以上にお金がかかりますよね?

子育ての家計が苦しい。。

そんな風に思い、やりくりを見直そうと家計簿をつけ始めた人も多いのではないでしょうか?

ここでは、子育て家計簿でいれておきたい項目とおすすめのアプリをご紹介します。

スポンサーリンク

これは外せない!子育て家計簿の項目6選

子育て・育児応援ブログ

子育て中の家計のやりくりを大きく左右するのが「家計簿」。

家計簿は日々の収支を記録するという地味な作業ですが、家計簿をつけることによりお金の出入りを客観的に見ることができるようになります。

そして、どのくらいの期間にどこにどれだけのお金が使われているのかを知ることで家計診断がしやすくなります。

ただ、家計簿って継続してつけるものですし、正直面倒くさいですよね。。

そんな人は項目をできるだけ絞り込んで家計費をまとめることを心がけてみてください。

子育て・育児応援ブログ

子育て家計簿ブログなどを見ても、継続している人は家計簿をできるだけシンプルにまとめています。

項目とは用途によって区分けした費用の名前の事ですが、市販の家計簿を購入すると項目が細かく分かれすぎて、少ないものでも10項目、多いものだと20項目近くあるものがありますよね?

ただ、「項目数が多い」=「良い家計簿」だとは限りません。

記入する機会の少ないものはまとめてしまった方が楽ですし合理的ですよね?

子育て・育児応援ブログ

子育て中の家計簿については次の6項目にザックリとまとめることができます。

● 食費
● 外食費
● 日用品・子供関係費用
● 特別支出(お年玉など)
● 仕事関係の費用
● 自分が自由につかえるお金(おこづかい)

ここまでまとめると、パッと見ただけでだいたいのお金の出入りが把握できます。

また、全体のバランスも見て取れるので減らす・増やすなどの調整もしやすくなりますよ^^

スポンサーリンク

大事なのは1ヶ月のお金の流れを把握すること!

子育て・育児応援ブログ

家計簿をつける上で大切なポイントの1つが「1ヶ月のお金の流れを把握すること」。

1ヶ月を締めてみて、各項目の1ヶ月の集計と合計をしてみるとひと月のお金の流れが把握できます。

家計は「収入、支出、貯金(残高)」の3つから成り立っています。

貯蓄を増やすためにわたしたちができることは、次の2つ。

1. 収入を増やす
2. 支出を減らす

子育て・育児応援ブログ

ただ、収入が増えれば心が大きくなって支出も多くなりがちですよね?

その場合、収入が増えてもいつまで経っても貯金が増えないという事になります。

貯金を増やすためには収入を増やす努力をするのはもちろん、支出をいかに減らすかも大事になってきます。

支出を減らすといっても、生活の質を維持する上で大事な食費や小遣いを削ってしまうと、辛い節約生活になってしまうことも。。

無理やストレスが溜まると心身共に良くありませんし、節約も長続きしません。

その為、無駄な支出のみを落とすことを心がけることが必要です。

前の月や前年の同じ月と比べて明らかに出費の多い項目があれば、その中の無駄な出費を特定して減らすようにすると良いでしょう。

また、無駄なものが何か分かれば、今度はお金を使う前に自分で「待った!」がかかるので同じことはしなくなります。

生活レベルは維持しつつ、貯蓄を確実に増やしていくためにも、家計簿をつけ1ヶ月のお金の流れを把握しながら無駄な出費を洗い出してみましょう。

スポンサーリンク

子育て家計簿におすすめのアプリ

子育て・育児応援ブログ

ここでは子育て家計簿におすすめのアプリを2つご紹介します。

かけ~ぼ

とってもシンプルな家計簿で、必要最低限の情報が管理できます。

カレンダー形式で入力することができ、1ヶ月のカレンダーでの表示もできるので1ヶ月の収支がパッと分かります。

円・棒・折れ線の3タイプのグラフ化ができるので、前月との比較もしやすく、変化も一目瞭然。

一度入力した項目は履歴として残るので、繰り返し入力する必要はありません。

項目の設定もカスタマイズできますし、固定費を次月の家計簿に反映させることもできますよ。

会員登録作業がないのでインストールしたらすぐ使用できます。

スマホの機種変更をする時もバックアップを取っておけば、機種変後も前のデータをそのまま使えますよ!

>>iPhoneのインストールはこちら
>>Androidのインストールはこちら

おカネレコ

すぐにでも家計簿をつけ始めたい!

そんな人におすすめなのがこのアプリ。

アプリを立ち上げるとすぐに入力できます。

項目は大まかに分類されていて、自分でカスタマイズすることもできます。

レシート認識機能もついているので、カメラで撮って認識してもらうことも可能。

円グラフと棒グラフに対応していて、年・月・週・日単位で集計・表示ができます。

いつどんな商品を購入したのかが分かるので、無駄使いも見つけやすい!

ただ、プレミアム会員や月額会員でないと使えない機能が多いかも。

パソコンでのバックアップも月額会員ランク以上のみのサービスで、パソコンから利用したい場合はメールアドレスの登録(ログイン)が必要になります。

>>iPhoneのインストールはこちら
>>Androidのインストールはこちら

まとめ

子育てをしていて家計が苦しいと感じている人は、収支を見直すためにも家計簿をつけてみてはいかがでしょうか?

家計簿をつけてお金の流れを正しく把握することで、無駄遣いが特定できますし、その分貯蓄にまわせますよ☆