子育て・育児応援ブログ

子供は可愛いけど、忙しくって自分に余裕がないと、ついイライラしてしまうこともありますよね?

でも、イライラしてると子供にも良くないし、ヒステリックに怒る自分自身も嫌になるのでどうにかしたいところ。

ここでは、先輩ママさんが実践して「これは効く!」と教えてくれた5つのストレス解消方法をご紹介します。

ストレスやイライラを上手に解消して、子育てを楽しんでいきましょう!

スポンサーリンク

もう怒らない!子育てのストレス&イライラ解消方法&息抜きのコツ

イライラの原因を考える

子育て・育児応援ブログ

忙しい時に限って子供がグズッたりすると、もぉ~っ!と言いたくなりますよね?

もちろん、そんな時には顔や態度にもちゃーんと出ています。

それを感じ取った子供はさらにグズッて悪循環に。。

そうならない為にも、まずは「なんで私はイライラしてるんだろう?」とイライラの原因を考えてみましょう。

グズッたタイミングで時間がギリギリで焦ってうるなら、イライラの原因は「時間に余裕がないこと」ですよね?

原因が分かれば、そこを改善することで問題を解消することができます。

この場合は、とっても簡単で、時間に余裕を持たせればいいのです。

時間に余裕があれば、気持ちにも余裕ができるので、イライラが自然となくなりますよね。

スポンサーリンク

自分がホッとできる時間をみつける

子育て・育児応援ブログ

子育てしてると自分の時間ってなかなか作れませんよね?

朝早く起きてご飯の支度をして、子供を送り出して、仕事して、帰ってきてご飯とお風呂の用意して、子供を寝かしつけたら、もう夜中。。

そんな事が毎日のように繰り返されます。

そのサイクルで生活し続けたら誰だって余裕がなくなりますし、イライラしますよね?

なので、イライラを生み出しているそのサイクルを変える必要があります。

どうするか?

答えは簡単。

忙しい中でもちょっとした「ホッと時間」をみつけるのです。

子育て・育児応援ブログ

それが5分でも、10分でも、ホッとした時間が1日のうちにあるかないかでは1日のイライラ確率が全然違います。

例えば、子供が早く寝たらマニキュアを塗るとか、好きな紅茶を1杯飲んでみるとか、そんなシンプルなことでストレスがスーッとなくなることがあります。

好きなものをちょっとだけでも楽しめる時間があればテンション上がりますしね♪

その楽しいオーラをキープして子育てしたら、子育ても楽しくなりますよね^^

スポンサーリンク

誰かとしゃべる

子育て・育児応援ブログ

旦那さんでも友達でも、実家のお母さんでも誰でもいいです。

自分が楽に話せる相手を見つけて、たわいもない話をするのも1つの方法です。

育児の話でもいいし、芸能人のニュースでも何でもいいんです。

大事なのは、自分の中に溜まっているものを吐き出すこと。

例え話の内容が自分の中にあるモヤモヤでなくても、愚痴でなくても「誰かと話す」ことに意味があります。

話をしているうちにイライラのことなど忘れてしまうことがありますし、忘れなくても実はどうでもいい事だったと気づくこともあります。

自分の話を聞いてもらうなら、自分話をすることで自分事が客観的に見えてきて、解決策が見つかったりします。

食事をインスタントやお惣菜にする

2016y09m28d_151758611

頑張り屋のママは、家族や自分の健康のことを考えて、日々食事に気を使っています。

また、食費の節約の為に、あるもので料理を作らなきゃ!って思っているママもいるかもしれません。

その頑張りが積み重なってストレスになっていることもあります。

また、食事を作らなきゃ!というプレッシャーと焦りがイライラを招いていることもあります。

これは、芸人のくわばたりえさんもやっている方法なのですが、時間とエネルギーのかかる料理をインスタントやお惣菜にしてしまうのです。

たまに食事をインスタントに変える事で、気持ちのバランスがとれるなら安いものですよね?

バランスの取れた食事を食べながらストレスを溜めて病気になるより全然いいですもんね。

ホルモンバランスを整える

子育て・育児応援ブログ

わたしたち女性をコントロールしているのはホルモン!

そう言い切ってもいいくらい、ホルモンって女性に大きな影響を与えています。

生理前や妊娠中、更年期などは、特に女性ホルモンのバランスが崩れやすくなりますよね?

そんなホルモンの乱れによるイライラをなくすためには、ホルモンバランスを整える必要があります。

ホルモンバランスを整える方法でおすすめなのは次の6つ。

お風呂に入る

子育て・育児応援ブログ

お風呂に入るとリラックスして自律神経が整います。

自律神経が整うと、自律神経のある脳の視床下部が正常に機能し、ホルモンの分泌も正常になります。

これにより、女性ホルモンが整います。

40℃のお風呂に20~30分浸かるのがおすすめ。

半身浴にし、手を浴槽の中に入れないようにするのがポイントです。

上半身が冷えないように、上半身についた水滴をタオルで拭いたり、浴室を温めておきましょう。

アロマの香りで癒される

子育て・育児応援ブログ

嗅覚から得られた情報は脳にダイレクトに送られます。

ホルモンの分泌を促進する香りやリラックスした香りをかぐと、その情報が脳に送られ、ホルモンバランスが整います。

香りの中でもローズの香りは女性ホルモンを整えるために最高です。

ディフューザーでアロマの香りを部屋中に拡散しても良いですし、香り付きの入浴剤のお風呂に入るのもおすすめです。

適度に運動をする

子育て・育児応援ブログ

運動不足になると自律神経の活動が低下します。

すると、自律神経の活動低下に影響を受けて、ホルモンを整える機能も低下し、イライラが出始めます。

運動が苦手という人もストレッチやウォーキングなど、軽い運動でも良いので取り入れてみましょう。

ホルモンに効果的なサプリを飲む

子育て・育児応援ブログ

ホルモンバランスを簡単&確実に整えてくれるのがこの方法です。

子育て・家事・仕事がめちゃめちゃ忙しいのに、いつもニコニコでTVに出ているママ芸能人もサプリを活用している人が多いです。

ホルモンを整えるサプリの中には、美肌効果のあるものやバストアップに効果があるものもあります。

年々着実に減少していく女性ホルモンをサポートして、イライラをなくしながら、キレイになれるので最高ですよね☆

女性の場合、肌がキレイになったり、胸が大きくなったりするだけでも気分が良くなるので、イライラも気にならなくなることも多いです。

泣く

子育て・育児応援ブログ

ママなのに泣くなんて。。

いえ、ママだからこそ泣くんです。

泣いていいんです。

最近、思いっきり泣いたのはいつですか?

子育て、家事、仕事、旦那との関係など、ママの日常生活には旦那や子供に分からない問題や悩みが沢山あります。

泣いて涙を流すことで、副交感神経が優位になり、ストレスを解消したり、リラックスできます。

ただ、涙を流すだけではストレス発散にはなりません。

感情が動いたときに出る涙だけがストレスに効果があるので、子どもが寝た後に泣ける映画や本を読んで泣くのもいいですね。

深呼吸をする

子育て・育児応援ブログ

深呼吸をすると酸素が脳に行き渡り、副交感神経が優位に立ち、脳に「リラックスしなさい」という刺激を与えることができます。

普段、無意識のうちに行っている呼吸ですが、意識して行う事でストレスの解消や体の代謝がよくなります。

また、深呼吸はストレス解消だけでなく、肩こりの改善や疲労回復にも効果があるといわれています。

子育て中のママはなかなか自分の時間が取れずにストレスを発散することが難しい場合が多いですが、深呼吸であればいつでもどこでも手軽にできますよね☆

イラッとした時に効果的な深呼吸の仕方は次の通り:

【深呼吸の仕方】

1. 鼻から大きく息を吸います。

  この時に肺にたくさん空気を入れるのをイメージしましょう。

2. 無理をしない程度に数秒息を止めます

3. ゆっくり「ハーッ」と言いながら口から息を吐きます

どうですか?

1回だけでもスッキリしますよね?

イライラした時に周りがザワザワしている様であれば、静かな場所にちょっと移動して深呼吸を行ってみてください。

5回やれば、もうイライラが治まっているのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしょうか?

ちょっとした心がけで、普段のイライラを飛ばしていくことができますよね?

ポイントは無理をしないこと。

「これはできそう!」と思うものがあったら、そこから始めてみてくださいね☆

きっと子育ても前より楽しくなりますよ!