子育て・育児応援ブログ

子育てで一番気になる費用の1つが教育費ではないでしょうか?

でも、一体教育費っていくらかかるのでしょう?

生きていくためには生活費も必要だし、教育費とのバランスも気になりますよね?

ここでは、「教育費の一般的な貯金額」と「生活費とのバランス」についてみていきたいと思います。

スポンサーリンク

教育費の貯金額っていくら?

子育て・育児応援ブログ

子供を1人育てるのに1,000万円かかる

こんな話をよく聞きますよね?

場合によっては教育費は1,000万円程度かかることもありますが、結論から言うと教育費は進路によって大きく異なります。

文部科学省の統計「子どもの学習費調査」のデータを元に、幼稚園~高校までの教育費を公立・私立で比較してみると次の通りになります。

● 幼稚園(3年間)

公立:70万円程度
私立:160万円程度

● 小学校(6年間)

公立:185万円程度
私立:900万円程度

● 中学校(3年間)

公立:140万円程度
私立:400万円程度

● 高校(全日制3年間)

公立:120万円程度
私立:300万円程度

これらの子育て教育費の統計額によると、教育費総額は515~1,760万円かかることが分かります。

公立と私立では3倍近くもの差があり、大学になると進路によって差がさらに激しくなります。

>>大学進路別の教育費はこちら

また、これらの教育費以外に習い事などの費用も別途かかってきますよね。

それを考えると少なくとも700~2,000万円は貯金しておきたいところです。

毎月の貯金に加え、学資保険や行政の助成金を貯金するなどしてコツコツ貯めていきましょう。

スポンサーリンク

生活費とのバランスは?

2016y09m16d_192248909

ここまで子育てにかかる教育費用をみてきましたが、生活していくためには住居費や食費などの生活費も必要ですよね?

子育ての教育費が大変だからといって生活費を大幅に削ってしまうと、心身共に健康な生活が送れなくなることがあるので、やはりバランスが必要です。

一般的に、教育費は手取り収入の10%程度といわれているので、手取り収入が20万円の人は2万円程度、30万円の人は3万円程度を毎月の教育費として貯金すると良いでしょう。

スポンサーリンク

子育て二人の場合の教育費は?

子育て・育児応援ブログ

子育てが二人ともなると、教育費もさらに増えます。

単純に考えると教育費が2倍になるわけです。

でも、子供が増えたからという理由で給料が2倍になるわけではありません。

ですから、2人分の教育費を貯めるには「お金を貯めること」に加え、「不要な出費を減らすこと」が必要になってきます。

例えば食費。

家で家族で食事をする場合は、子供が1人でも2人でもほとんど変わりませんが、外食をする場合は人数分の必要がかかってしまいます。

その為、できるだけ家でご飯を食べるようにするのも工夫の1つです。

また、洋服やおもちゃもお下がりやネットオークション、フリーマーケットなどを利用して、リーズナブルなものを利用することもできます。

物を与えすぎないことで、物を大事にする気持ちも養えますし、一石二鳥です♪

まとめ

子育てする上で教育費は必ず必要になってきます。

イザ必要となった時にサッと出せるように、早い段階から貯金をしていきたいですね☆