ママの中には英語で子育てしながら赤ちゃんを育てたいと思っている人も多いと思います。

できたらバイリンガルに☆彡

そんな思いを抱いているママもいるでしょう。

ここでは、赤ちゃんに話しかける時に使えるおすすめフレーズをご紹介します。

外国の赤ちゃんにも実際に使われているフレーズですし、発音の音声も聴けるので真似しながらやってみてくださいね☆

スポンサーリンク

赤ちゃんに使えるおすすめフレーズ

では早速、赤ちゃんに使えるおすすめフレーズをみていきましょう。

数字(1,2,3..)

1. one
2. two
3. three
4. four
5. five
6. Six
7. SEven
8. Eight
9. Nine
10. Ten

数字はこんなやり方で使ってみてはいかがでしょうか?

1. 赤ちゃんを膝の上に乗せます

2. ママの指を使って1,2,3..と数字を数えて見せます

3. 慣れてきたら”Are you ready to count?”(数えてみよっか?)の掛け声で始めて数を数えてみて下さい

赤ちゃんが数を数えているママの指を指さしたら、拍手して褒めながら”That’s right, numbers!”(そう、数字だよ)と語り掛けましょう。

また、赤ちゃんが自分で指を1本、2本。。と出すようになったら、ママが”One, Two..”と声を出して数えてあげるのも良いでしょう。

>>発音はこちら

アルファベット(A, B, C..)

アルファベットを見つけたら、指を指しながら発音してあげましょう。

1度に1個ではなく、1度に数個のアルファベットを語り掛けると効果的だといわれています。

どの文字から始めていいのか分からない場合は、A,B,C..と順に教えるのも良いでしょう。

また、子どもの名前の頭文字(例:MIwaならMなど)やMommyやDaddyのMやDでも良いかもしれません。

布やプラスチックに油性のペンでアルファベットを書き、赤ちゃんの部屋やお風呂場に置いたり、貼ったりするのもおすすめ。

こんなやり方もできますよ♪

1.アルファベットが書いてあるカードや布を用意します

2.赤ちゃんを膝の上に乗せます

3.赤ちゃんの名前を言い、頭文字のアルファベットを次の掛け声で見つけます

4.”Let’s find M for Miwa.”(みわちゃんのMを見つけてみようね)
“There’s M. is for Miwa.”(みわちゃんのM見~つけた!)

ここでのポイントは赤ちゃんが楽しみながらアルファベットに触れること。

例え赤ちゃんが指さした文字が違ったとしていても、次の様に褒めてあげることも大切です。

“That’s right! Letters!”(そう、これは文字だよ)
“Good job!”(良くできたね!)

>>発音はこちら

スポンサーリンク

おもちゃの名前

赤ちゃんの身の回りにあるものと言えばおもちゃですよね?

赤ちゃんが1番興味を持つものの1つなので覚えやすいでしょう。

例えばこんなものも英語で言うことができます。

1. ball(ボール)
2. block(ブロック)
3. teddy(テディベア)
4. car(車)
5. ring(輪っか)

まずは赤ちゃんにおもちゃを見せて、英語での言葉を伝えます。

何度か繰り返したら、こんな質問をしてみましょう。

Where’s the ball?(ボールはどこかな?)
Where’s the teddy?(テディベアはどこかな?)

そして、赤ちゃんに答えを教えてあげましょう。

There’s the block.(ブロックがあるよ)
There’s the car.(車があるよ)

赤ちゃんが質問に対して反応したら、拍手をして次の様に褒めてあげましょう。

That’s right!(その通り!)
That’s the ball.(それはボールだね)
Good job!(よくできたね!)

>>発音はこちら

赤ちゃんは色にも興味を示しますよね?

これらの色は生活の中にも沢山ありますので是非英語で伝えてみて下さい。

1.red
2.yellow
3.green
4.blue
5.purple

赤ちゃんをひざの上に乗せて、ママが色を指さし、英語で言ってみましょう。

慣れてきたら、これらの質問もしてみて下さい。

Where’s blue?(青はどこ?)
Where’s red?(赤はどこ?)

そして答えも教えてあげましょう。

There’s blue.(青があったね)
There’s red.(赤があったね)

赤ちゃんが質問に対して反応したら、拍手をして次の様に褒めてあげましょう。

That’s right, green!(その通り、緑だね!)
You found green!(緑見つけたね!)
Good job!(よくできたね!)

>>発音はこちら

スポンサーリンク

家族

これは教えたいし、早い段階で知って欲しい言葉ですよね^^

1.mother (mom, mommy)
2.father (dad, daddy)
3.brother
4.sister
5.baby

まずは赤ちゃんに向って次の質問をしてみましょう。

“Who’s this?”(これは誰かな?)

そして答えも教えてあげましょう。

“Mommy”(母親、マミー)
“Daddy”(父親、ダディ―)

慣れてきたらこんな質問もしてみましょう。

“Where’s the baby?”(赤ちゃんはどこかな?)

赤ちゃんを指さしながら”Baby!”(赤ちゃん、ベイビー!)と答えも教えてあげましょう。

ちなみに、ママやパパの中には色々な呼び方があります。

【ママ】

Mom
Mommy
Mama

【パパ】

Dad
Daddy
Papa

どんな呼ばれ方で呼ばれたいかを決め、赤ちゃんに教えてあげるといいですね。

また、兄弟や祖父母がいる場合は、これらのメンバーの英語も教えてあげましょう。

sister(姉、妹)
brother(兄、弟)

Grandma(おばあちゃん)
Grandpa(おじいちゃん)

>>発音はこちら

食べ物

apple(りんご)
milk(ミルク)
cheese(チーズ)
banana(バナナ)
cookie(クッキー)

これらの絵を書いた絵を用意し、赤ちゃんに次のように話しかけてみましょう。

“Where’s the apple?”(りんごはどこかな?)
“Where’s the cookie?”(クッキーはどこかな?)

次に下の様に声がけをしながら、正解の絵を見せてあげましょう。

“There’s the cheese.”(チーズがあるね)
“There’s the banana.”(バナナがあるね)

赤ちゃんがものを指差すようになったら拍手をして次の様に褒めることもお忘れなく。

“That’s right, milk!”(そうだね、ミルクだね!)
“You found the apple!”(りんごを見つけたね!)
“Good job!”(よくできたね!)

>>発音はこちら

自然

tree(木)
sun(太陽)
moon(月)
rain(雨)
star(星)

これらの絵も紙に書いて用意しておきましょう。

Where’s the star?(星はどこかな?)
Where’s the moon?(お月様はどこかな?)

そして答えを教えてあげましょう。

There’s the tree.(木があるね)
There’s the star.(星があるね)

正解したら

That’s right!(その通り!)
That’s the moon.(それがお月様だね!)
Good job!(よくできたね!)

こんな風に褒めてあげましょう。

>>発音はこちら

体の部位

赤ちゃんが覚えやすいものの1つが身体の部位。

次のパーツを指で指しながら英語を発音しましょう。

eyes(目)
nose(鼻)
toes(足の指)
ears(耳)
knees(ひざ)

そして赤ちゃんに問いかけてみましょう。

Where’s Mommy’s nose?(ママの鼻はどこかな?)
Where are Daddy’s eyes?(パパの目はどこかな?)

正解したら次の様に褒めてあげましょう。

That’s right!(正解!)
Those are your eyes!(これはあなたの目だよ)
Yes those are Mommy’s toes.(そう。これはママの足の指だよ)
Good job!(よくできたね!)

>>発音はこちら

動物

dog (doggie)(犬・ワンちゃん)
cat (kitty)(猫・子猫)
monkey(サル)
cow(牛)
bird (birdie)(鳥)

これらの絵も用意し、赤ちゃんに問いかけてみましょう。

Where’s the dog?(犬はどこかな?)
Where’s the cow?(牛はどこかな?)

There’s the cow.(牛がいるね)
There’s the bird.(鳥がいるね)

正解したら次の通り、思いっきり褒めてあげましょう。

That’s right!(その通り!)
That’s the monkey.(それはおサルさんだね!)
Good job!(よくできたね!)

>>発音はこちら

赤ちゃんに英語でいつから話しかける?

日本だけでなく、英語を赤ちゃんに教えようとする諸外国では3ヶ月~2歳くらいまでの間に英語を話しかける人が多いようです。

中には妊娠中から胎教として話しかけている人もいますよね?

英語に慣れるという意味では早いに超したことはありませんし、「やろう!」と思った日が吉日ではないでしょうか。

まとめ

赤ちゃんに話しかける時は話しかけているママやパパも楽しむことが大切。

一緒に楽しみながら英語を話し、聞くことで英語習得のスピードも速くなるでしょう。

是非、今日からやってみて下さいね☆